子供および高齢者のためのビザ

このページでは:


概要

一般的に、13才以下または80才以上(国籍を問わず)で非移民ビザを申請する方、さらに、ブラジルパスポート保有者は、日本に長期滞在・永住している場合に限り、14歳から15歳または66歳から79歳の方は面接は必要ありません。郵送でビザを申請することができます。

ただし、以下のいずれかに該当する方は郵送でビザを申請することは出来ず、面接にお越しいただく必要がありますのでご注意ください。

  • キューバ、イラン、北朝鮮、シリアおよびスーダン国籍の方

  または

注:上記条件を満たした場合でも、個々のケースによって大使館または領事館での面接が必要となる場合がありますので、ご了承ください。すべての移民ビザ申請者、婚約者ビザ申請者は年齢に関わらず領事との面接が必要です。

子供の申請に関する注意事項
ビザ面接免除に該当する子供(13歳以下)が(両)親と一緒にビザを申請する場合は、(両)親の面接時に子供の申請書類を同時に提出してください。ただし、申請時にビザ申請者本人(子供)が日本に滞在していることが条件です。なお、子供の情報は、面接予約の際に親のプロファイルに「被扶養家族」として追加してください。申請手順はこちらをご覧ください。

すでに(両)親がビザを取得している場合は子供の申請書類を郵送で申請することもできます。郵送申請インストラクションは下記をご覧ください。

申請方法

ステップ 1
DS-160ビザ申請書のガイドラインをよく読んでDS-160ビザ申請書を完成させてください。すべての情報は誤りがなく、かつ正確でなければなりません。DS-160申請書を一旦オンラインで提出した後は訂正できません。コールセンターでDS-160フォームについての質問に答えることはできません。DS-160の10桁のバーコード番号は面接の予約に必要です。

ステップ 2
正しいビザの種類を確認し、DS-160ビザ申請書を完成させたら、ビザ申請料金をお支払いください。 ビザ申請料金のページにはビザの種類やドルと円で表示した申請料金のリストが掲載されています。

ビザ申請料金の支払いは、 銀行および支払いのオプションを読んでください。支払い方法について説明があります。プロファイルの作成と面接予約のために受付番号を書き留めることが必要となります。前回のビザ申請でプロファイルを既に作成した方はプロファイルにログインして「新ビザ申請」をクリックしてください。

注:学生・交流訪問者ビザ(F/M/J)申請者は、SEVIS費用の支払が必要な場合があります。詳細はこちらをご覧ください。 http://japan2.usembassy.gov/pdfs/wwwf-visa-sevis-fee.pdf

ステップ 3
申請料金支払いで登録した同じユーザー情報を用いてプロファイルにログインしてください。あなたのダッシュボードが表示されます。「次に進む」を選択し、最後に表示される「郵送・更新申請確認書」を印刷してください。.

ステップ 4

ビザの種類のページで必要書類をご確認ください。

ステップ 5

日本郵便から、大使館または領事館の宛先が印刷された申請書類提出用のレターパック封筒が送られます。封筒は数日中にお手元に届きます。封筒が数日中に届かない場合はこちらへ連絡ください。

ステップ 6

以下の申請書類および「郵送・更新申請確認書」を宛先(大使館または領事館宛)が印刷された封筒に入れ郵便局にて郵送してください。

注:家族で申請する場合、各申請者にレターパック封筒が送られますが、家族の申請書を一つのレターパックにまとめ、使用しない封筒を同封してください。

  • DS-160確認ページ:DS-160についての詳細情報は、DS160情報を参照してください。
  • 証明写真1枚  (5cmx5cm、6ヶ月以内に撮影した背景白のカラー写真)DS-160確認ページ左上部に写真を上下逆さまに顔にテープがかからないように留めてください。こちらに必要な写真の条件が掲載されています*2016年11月1日より、眼鏡を着用した写真は不可となりました。
  • 現在有効なパスポートおよび過去10年間に発行された古いパスポート (前回取得したビザが貼られているパスポートの提出が必要です)
  • 申請するビザの必要な提出書類および補足書類(ビザ申請毎の書類はこちら

ステップ 7

日本郵便により、大使館または領事館へ書類が届けられます。

ステップ 8

日本郵便は、指定された書類送付先住所に書類およびパスポートを返送します。ビザが発行された場合は、パスポートにビザが含まれています。

重要事項:

  • 郵送による申請はビザの発給を保証するものではありません。
  • ケースによっては大使館または領事館での面接が必要となる場合があります。
  • 追加書類や面接が必要な場合は、Eメールまたは電話で連絡します。申請書類を郵送した後もEメールを確認してください。
  • 郵送での申請手続きに要する期間は下記の通りです。ただし、ケースにより更に長い期間を要する場合もあります。
    米国大使館:7~10営業日
    大阪総領事館:2、3週間

申請書類の追跡

大使館または領事館へ送る提出書類を追跡するには、投函前にレターパックのご依頼主保管番号シールをはがし、保管してください。

配達状況を確認することができます。追跡サービスはこちらを参照してください。