ビザ申請料金支払い方法 \ ビザ申請料金の支払い

このページでは:



概要

多くの場合、子供を含む各ビザ申請者は、ビザ発給の可否に関わらず、返金不可譲渡不可の機械読取り式ビザ(MRV)申請料金を支払う必要があります。ビザ申請料金は申請を希望するビザの種類によって決定されます。

ビザ申請料金は返金不可譲渡不可ですので、ご注意ください。ビザの申請が必要かどうかをご確認ください。既に有効な米国ビザを保有している場合や、ビザ免除プログラム参加国の国籍の方は、新しい米国ビザの申請が必要でない可能性もあります。

ビザ申請が必要ない方、あるいは申請料金の支払いが免除される方の例は下記の通りです。

  • 公用渡航のためAまたはGビザ を申請する場合、MRV料金を支払う必要はありません。
  • 米国政府がスポンサーのプログラムに参加するためにJビザを申請する場合は、申請料金を支払う必要はありません。特定のプログラムに参加するJビザ申請者とその家族:国務省教育文化局(ECA)、USAID、連邦政府がスポンサーとなっている文化交流プログラムに参加する場合は申請料金が免除されます。申請料金が免除されるプログラムは、DS-2019に記載されているプログラム番号がG-1、G-2、G-3、またはG-7から始まるプログラムです。(注:ビザ申請料金とSEVIS費用が免除になります)
  • カナダまたはバミューダ市民の場合、ビザを必要としない場合があります(ただし、A、E、G、KまたはVビザカテゴリーの申請は除く)。

ビザの申請が必要な方は、以下の手順に従いビザ申請料金を支払ってください。面接の予約を行う前に申請料金を支払う必要があります。申請するビザの種類に応じた正しい申請料金が支払われていないと場合は、面接予約ができません。申請料金の免除についての詳細情報は、こちらを参照してください。

重要:面接予約を変更できる回数は2回までに限られています。面接に来られなかった場合も含め、3回以上変更すると再度申請料金を支払わなければなりません。ビザ申請料金の払い戻しはできませんので、申請料金を再度支払わなくてもいいよう留意して予約をしてください。

申請料金の支払い方法

ビザ申請料金は返金不可、譲渡不可です。

重複支払いを行わないように、決済に関する注意事項をよく読んでください。申請料金をすでに支払い、面接予約ができない場合は再度支払い手続きを行う前にこちらまでお問い合わせください。また、支払いの途中で問題が発生した場合も受付番号を確認しますので、速やかにこちらにお問い合わせください。最初の支払いが完了している場合がありますので、再度支払わないようご注意ください。

個人面接予約のためにビザ申請料金を支払う方法は、Pay Easy 対応のATM, インターネットバンキングまたはクレジットカードの3つのオプションがあります。オンライン申請システム上でいずれかの方法を選択することができます。支払いオプションにアクセスするには、始めにオンライン申請サイトでプロファイルを登録し、「面接予約申請・郵送申請」を選択する必要があります。

団体面接予約は、PayEasy対応のATMまたはインターネットバンキングを利用して一括支払いが可能です。団体コーディネーターが一括で支払うことができるのは4件までです。なお、クレジットカードはご利用いただけません。

個別面接予約の支払い方法は、次の通りです。

ステップ1

オンライン予約システムを通してプロファイルを作成します。プロファイルを作成することにより、ビザの種類に応じた申請料金が表示され、支払いが完了するとプロファイルに反映されます。申請料金は米ドル (USD)で表示されていますが、日本円で支払います。申請料金 についての詳細情報はこちらをご参照ください。

ステップ2

左側のメニューから「面接予約申請・郵送申請」をクリックします。ビザの種類、申請場所、ビザカテゴリーを選択してください。

ステップ 3

支払い方法選択画面で、支払い方法を選択します。Pay Easy 対応のATM, インターネットバンキングやクレジットカードによる支払い方法についての詳細はこのページの支払い方法のオプションを参照してください。

Pay Easy 対応のATM: 10万円までの一括払いが可能です。 (合計金額が10万を越える場合は選択しないでください)
オンラインバンキング(ネットバンキング):一括支払いが可能です。支払い金額の上限はありません。
クレジットカード: 一括支払いが可能です。支払い金額の上限はありません。

一括で支払った場合は、支払い手続きごとに1つの受付番号が発行されます。該当する申請者に同じ受付番号をお使いください。

ステップ 4

支払い方法を選択し、申請料金を支払います。申請料金を支払う際に、ビザ申請手続きの前提条件としてビザ申請料金は返金不可であることを承認する必要があります。さらに、ビザ申請の結果にかかわらずビザ申請料金が返金できなことに同意してください。申請結果に関わらずビザ申請料金は返金不可です。

ステップ 5

ビザ申請料金支払い後、12桁の受付番号が発行されます。面接予約するには受付番号が必要となりますので、受付番号を保管することが重要です。受付番号がないと面接予約はできません。

ステップ 6

ビザ申請料金の支払い受付番号が有効になると、面接の予約をすることができます。受付番号は支払いが完了すると直ちに、遅くとも4時間以内に有効になります。

決済に関する注意事項

重複支払いを行わないように、以下の注意事項とインストラクションをよく読んでください。

  • 決済完了にはご自身が利用しているブラウザやインターネット環境により時間がかかります。落ち着いて手続きを行いください。
  • 支払い方法を選択後決済画面(ステップ3)で、決済ボタンを二度押しないでください。複数回クリックすると、それぞれ個々に複数回の決済を行ったとみなされます。
  • タイムアウトが表示された場合を含み支払い手続き中は常時、パソコン上部にあるブラウザのアドレスバーの「進む」「戻る」「再読込み」や「×」(閉じる)ボタンを決して使用しないでください
  • 取引をキャンセルする場合は、手続き画面左記にある「キャンセル」ボタンをクリックしてください。
  • 上記のインストラクションに従い取引をキャンセルした場合は、支払い手続きを再開する前に、まず、クレジットカード会社と先に支払った取引の決済の有無について確認されることを強くお奨めします。ご自身のブラウザ上のページ遷移に問題があると初回の支払い取引が決済されている場合があり、追加で支払いをする必要はありません。ビザ申請料金は返金不可、譲渡不可です。
  • お気に入りに手続き画面を保存しないでください。
  • 支払い画面でのタイムアウト(定時間内に応答しないこと状態)になった場合は、画面下部にある「キャンセル」ボタン以外決してクリックしないでください。
  • 取引が完了すると受付番号が表示されます。申請料金支払いで登録した同じユーザー情報を用いてプロファイルにログインしてください。システムにアクセスすると、あなたのダッシュボードが表示されます。左のサイドメニューから面接を予約するをクリックしてください。
  • クレジットカード支払い手続きにて、決済代行会社のシステムより3つの入金番号 (収納機関番号・ お客様番号・確認番号) が発行されます。入金番号が表示されることにより、それぞれのお支払いが問題なく終えたこととなります。ページ遷移に問題があり、受付番号が表示されない場合は、先の支払いが完了している場合がありますので、再度支払わないようご注意ください。
  • 支払い手続き中、ページ遷移に問題が発生した場合には、受付番号が表示されない場合があります。その場合は、速やかにコールセンター(日本:050-5533-2737;米国:+1-703-520-2233)へお問い合わせください。すでに支払いが完了している場合がありますので、再度支払わないようご注意ください。

FAQ-ビザ申請料金を払う

Q.1 Pay Easy 対応のATMを選択し、オンラインの手続きは完了したが、受付番号は有効になりません。どうすればいいですか?

ペイジーが利用できるATMで現金の入金手続きを行ってください。 入金手続き後初めて、受付番号は有効になります。

Q.2 第三者名義(申請者本人以外)のクレジットカードで支払うことはできますか?

はい。第三者名義のクレジットカードの利用に同意した場合、利用することができます。 

Q.3 ビザ申請料金の領収証をもらえますか?

いいえ。Pay Easy 対応のATM、オンラインバンキングやクレジットカード支払いに対する領収証は発行できません。それぞれATM、銀行またはクレジットカード会社の明細書を参照ください。 

Q.4 表示された受付番号はすべて同じですが、どうすればいいですか?

複数支払いをした場合は、支払った人数に対し、同じ受付番号が発行されます。同じ受付番号をお使いください。

Pay Easy対応のATM

日本国内のPay Easy 対応のATMで現金またはキャッシュカードで機械読取り式ビザ(MRV)申請料金の支払いができます。

日本円は米国国務省により設定された領事部レートに基づいています。申請するビザの種類に応じた正しい申請料金が支払われていない場合は面接の予約ができません。

次の支払い方法に従い、Pay Easy 対応のATMで申請料金を支払ってください。

  1. Pay Easyを選択します。
  2. (ATMで支払う)を選択します。
  3. 申請者の情報(1) 氏名(姓名)(2) 電話番号を入力します。(次へ)クリックした後、入力情報が正しいか確認してください。最後に(申込)をクリックします。
  4. 決済代行会社のシステムより3つの入金番号 (収納機関番号・ お客様番号・確認番号) が発行されます。入金番号の情報を印刷しPay Easy 対応のATMで支払う際に持参してください。システムより発行された入金番号は1週間有効です。支払う前に有効期限が過ぎた場合は、再度支払い方法画面にアクセスし、3つの入金番号を取得してください。手続きを完了させるために、(次へ)をクリックします。 入金番号の情報は決済代行会社からEメールで送られますので保管してください。
  5. 「受付番号の確認」ページ が表示されます。 ATMで支払いを終えると面接を予約するために、受付番号が必要になりますので、12桁の受付番号を印刷し保管してください。12桁の受付番号を紛失した場合、コールセンターにお問い合わせいただければ3つの入金番号を基に受付番号を確認できますが、確認作業に時間を要するため面接予約が遅れる場合があります。受付番号は必ず保管しておいてください。
  6. Pay Easy 対応のATMで申請料金を支払います:3つの入金番号を入力すると申請料金が自動で表示されます。ATMから発行される利用明細書は保管してください。

注:団体予約のためコーディネーターが一括で支払うことができるのは4件までです。

インターネットバンキング

インターネットバンキングが利用できる金融機関の口座をお持ちであれば、オンライン口座で機械読取り式ビザ(MRV)申請料金の支払いができます。インターネットバンキングの利用に振込み手数料がかかる場合がありますのでご注意ください。

日本円は米国国務省により設定された領事部レートに基づいています。申請するビザの種類に応じた正しい申請料金が支払われていない場合は、面接の予約ができません。

次の支払い方法に従い、インターネットバンキングで申請料金を支払ってください。

  1. Pay Easyを選択します。
  2. Pay Easyが利用できるインターネットバンキング口座がある国内金融機関を選択し、(ネットバンキングで支払う) を選択します。
  3. 申請者の情報(1) 氏名(姓名)(2) 電話番号を入力します。(次へ)クリックした後、入力情報が正しいか確認してください。最後に(申込)をクリックします。
  4. 決済代行会社のシステムより3つの入金番号 (収納機関番号・ お客様番号・確認番号) が発行されます。入金番号のページを印刷し保管してください。 (金融機関サイトへ)をクリックします。
  5. ネットバンキングの口座にログインします。金融機関サイトのログインページで、入金番号 (収納機関番号・ お客様番号・確認番号) は自動的に金融機関まで転送されます。金融機関の決済方法に従って支払ってください。入金確認を終了させるため (入金確認) をクリックします。
  6. 「受付番号の確認」ページ が表示されます。支払いが完了すると面接予約のために受付番号が必要になりますので、12桁の受付番号を印刷し保管しておいてください。12桁の受付番号を紛失した場合、コールセンターにお問い合わせいただければ3つの入金番号を基に受付番号を確認できますが、確認作業に時間を要するため面接予約が遅れる場合があります。受付番号は必ず保管しておいてください。

注:団体予約のためコーディネーターが一括で支払うことができるのは4件までです。

クレジットカード

ビザ申請料金は返金不可、譲渡不可です。

重複支払いを行わないように、決済に関する注意事項をよく読んでください。申請料金をすでに支払い、面接予約ができない場合は再度支払い手続きを行う前にこちらまでお問い合わせください。また、支払いの途中で問題が発生した場合も受付番号を確認しますので、速やかにこちらにお問い合わせください。最初の支払いが完了している場合がありますので、再度支払わないようご注意ください。ビザ申請料金は理由にかかわらず返金することはできませんので、ご注意ください。

 

最も便利な機械読取り式ビザ(MRV)申請料金支払い方法はクレジットカード支払いです。こちらの方法で支払う場合は、カード保有者は、申請料金を支払う際に、ビザ申請手続きの前提条件としてビザ申請料金は返金ができないことを承認する必要があります。さらに、ビザ申請の結果にかかわらずビザ申請料金が返金できないこと同意してください。クレジットカード取引はクレジットカード会社が定めたレートにより請求される場合がありますので、ご注意ください。

日本円は米国国務省により設定された領事部レートに基づいています。申請するビザの種類に応じた正しい申請料金が支払われていない場合は、面接の予約ができません。

次の支払い方法に従い、クレジットカードで申請料金を支払ってください。

  1. クレジットカードを選択します。
  2. クレジットカード番号と有効期限を入力します。
  3. クレジットカードに表記されている3桁または4桁のカード確認番号を入力し、(一回払い)をクリックしてください。
  4. 内容確認画面で支払い金額が正しいか確認してください。 「 申込」をクリックします。手続きを完了させるために、「 次へ 」をクリックします。
  5. 決済代行会社のシステムより3つの入金番号 (収納機関番号・ お客様番号・確認番号) が発行されます。入金番号が表示されると支払いが終えたことになります。入金番号のページを印刷し保管してください。
  6. 「受付番号の確認」ページ が表示されます。支払いが完了すると面接を予約するために、受付番号が必要になりますので、12桁の受付番号を印刷し保管しておいてください。12桁の受付番号を紛失した場合、コールセンターにお問い合わせいただければ、3つの入金番号を基に受付番号を確認できますが、確認作業に時間を要するため面接予約が遅れる場合があります。受付番号は必ず保管しておいてください。

:機械読み取り式ビザ(MRV)申請料金の支払いにご利用いただけるクレジットカードは次のとおりです。

  • ビザカード
  • マスターカード

注:団体面接のビザ申請料金の支払いに、クレジットカードの利用はできません。

申請料金支払い手続きスケジュール

面接予約は、受付番号が有効後直ちに可能です。受付番号は支払いが完了すると直ちに、遅くとも4時間以内には有効になります。4時間経っても有効にならない場合は、受付番号の有効性について速やかにこちらまでお問い合わせください。お問い合わせの際に、12桁の受付番号及び3つの入金番号(収納機関番号・お客様番号・確認番号)を用意してください。最初の支払いが完了している場合がありますので、再度支払わないようご注意ください。